ハートセイバーコース

Heartsaver® Course

ハートセイバーコースは、米国職業安全衛生局(OSHA)規定に基づいて作られた職業人のための安全規格講習のシリーズです。

ヘルスケアプロバイダー向けと言われるBLSコースとは異なり、市民救助者を前提としています。

心肺蘇生法を身につける Heartsaver® CPR AED コースと、成人に起こりがちなケガや急病への対応を学ぶ Heartsaver® Firstaid が含まれます。

ハートセイバーCPR AED


成人傷病者に対する人工呼吸と胸骨圧迫(心臓マッサージ)、AEDの使い方、窒息解除法を市民救助者の手順で学ぶプログラムです。

オプションとして、小児CPR(1歳から思春期)、乳児CPR(1歳未満)を追加することも可能です。

特徴


アメリカ合衆国では、学校教職員やスポーツ指導員には、国家規格に基づいた救命講習を受講し2年毎にCPR AED 資格更新することが求められています。

その米国標準資格を日本国内で取得できるのが本コースです。

資格証は英語と日本語の両方で発行されるため、航空系職員など国際的に活躍される方にも支持されています。

受講対象者


学校教職員、スポーツトレーナー、警備員、介護施設職員、キャビンアテンダントなど。

修了試験


実技試験があります。

筆記試験は任意ですが、日本国内でAEDを使用する上での「一定頻度者向け講習」の要件を満たすため、筆記試験も実施しています。筆記試験は四者択一式で84%以上の正解が必要です。

修了証


本コースの全課程を修了し、実技試験に合格すると、2年間有効の AHA 公式 Heartsaver® CPR AED eCard が発行されます。日本語表記の他、 英文表記での資格証も発行されます。国際的に通用する心肺蘇生技術(一次救命処置)認定資格です。

教材・その他

受講に際し、AHA公式テキストが必要です。受講生各自でご用意いただきます。

2022年7月現在、テキストは電子書籍の形でのみ提供されています。紙媒体での書籍版の発行は未定です。

ポケットマスクの事前準備(購入)は不要です。

 

ハートセイバー・ファーストエイド


心停止以外の急病やケガに対する応急手当を学ぶ米国職業安全衛生局(OSHA)規格講習です。命に関わる心臓発作や脳卒中から、失神やけいれん発作、熱中症、骨折や頭部外傷、出血など、幅広くファーストエイドを学びます。

特徴


映像教材を使った講習です。

ケガや病気の症状を視覚的に学べ、また救助者としてどのように傷病者に接するかをリアルにイメージしながら学習できます。

受講対象者


学校教職員、スポーツトレーナー、警備員、野外活動指導者など。

修了試験


下記の項目で実技試験があります。

・防護手袋の外し方
・問題の見つけ方
・止血
・アドレナリン自己注射器

筆記試験は任意です。筆記試験実施の有無については、お申込み時に主催インストラクターにご確認ください。筆記試験は四者択一式で84%以上の正解が必要です。

修了証


本コースの全課程を修了し、実技試験に合格すると、2年間有効の AHA 公式 Heartsaver® Firstaid eCard が発行されます。日本語表記の他、 英文表記での資格証も発行されます。国際的に通用するファーストエイド認定資格です。

教材・その他

受講に際し、AHA公式テキストが必要です。受講生各自でご用意いただきます。

2022年7月現在、テキストは電子書籍の形でのみ提供されています。紙媒体での書籍版の発行は未定です。